賃貸でのトラブル例

ゴミや騒音、賃貸のトラブル

ゴミに関する賃貸でのトラブル

賃貸アパートでは、しばしばごみに関するトラブルが起きています。特に新しく引越してきた住民が誤って、回収日ではない日に不用品などを出してしまう事がきっかけです。地域によって、いわゆるごみの日は別々です。町内会が変わるだけで捨て方や回収日はがらりと変わる事もざらです。また自分勝手な捨て方をすると、真面目に分別している住民と口論になります。当然ですが、真面目に捨てている方の方が賃貸アパートの住民としては正しい姿勢であり、分別をしなかったり、乱暴にゴミ袋を扱っている住民は最悪、周囲のクレームから退去を命じられる恐れが出てきます。

賃貸で起きやすいトラブルとは

賃貸マンションには、住民が守るべきルールがあります。ルールを守らなければ、近隣住民とのトラブルに発展しますので、賃貸マンションを借りて、暮らし始める時は基本的な規約を一度確認しておきましょう。よくあるトラブル事例としては、ペットの飼育を巡る問題や深夜の騒音、子供の出す物音などになります。いずれも加害者は無自覚で迷惑をかけてしまっている事が多く、規約を真面目に守る住民が常に我慢を日々貫き、ある日突然我慢の限界に達し、一気に隣人との喧嘩に発展します。ペット飼育や深夜の楽器演奏などは規約で、大抵の場合、固く禁じられていますので、揉め事を避けるためにも、住民はしっかりと自重しなければいけません。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 賃貸でよく起こるトラブル All rights reserved