賃貸で快適に暮らす

賃貸での暮らしを快適に

賃貸の迷惑住人には立ち退き命令

日本各地で昨今、多発してしまっているのが、賃貸物件での住民トラブルです。明らかにマンションの規約を破り、迷惑行為を繰り返す住民の方々が、残念ながら一つの物件に1人は居ると言われています。迷惑行為であるものの、いわゆる違法行為とまでは言えない問題は、なかなか警察に相談する事が出来ません。しかし、賃貸マンションであれば、迷惑行為を受けている住人同士が団結する事で、その加害者に対して立ち退きを要求する事が出来ます。これは住人が持つ正当な権利であり、法的根拠に基づく反撃の方法です。本人に言うのが難しければ、大家さんや管理会社に迷惑行為の具体例を伝え、退去命令が下るように働きかけましょう。

近隣住民とのトラブルを回避する

賃貸物件に入居する際には集合住宅での暮らしになるので近隣住民とのトラブルに注意が必要です。一度関係がこじれてしまうと住む居心地が悪くなる為、最悪の場合には引っ越しを余儀なくされるでしょう。特に騒音などの生活音に配慮する他、廊下やゴミ捨て場などの共用部の利用に関するマナーにはトラブルに発展する元となるのでその賃貸物件の規約やルールを守る事で円滑に住む事が出来るでしょう。子供を持つ家庭では騒音に特に気をつける為、1階を選ぶ等の工夫が必要でしょう。また、日ごろから同じ入居者同士挨拶をしておく事でも近隣住民との関係を良好に保てるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 賃貸でよく起こるトラブル All rights reserved