賃貸トラブルは相談を

賃貸でトラブルを避けるには

賃貸住宅のペット問題の対処法

賃貸住宅でペットがトラブルを起こした際の対処法1つ目は、専用の小屋を住宅の近くに借りることです。原因の大半は家の中で飼った場合に起ることが多いので、別の場所に住んでもらえばほとんどは解決します。また、犬と猫の場合は外で飼っても大丈夫なため、立派な屋根のある小屋を屋外に作るのも一つの手です。対処法2つめは、賃貸住宅の玄関をペットの住処とすることです。居間や寝室の床は、畳や木の板のはずなので、動物がトラブルを起こす可能性は高いです。そのため、玄関に専用の小屋があると、足場が舗装してあることから傷がつく心配はほぼありません。

トラブルは管理人や賃貸会社に

賃貸に住んでいると隣人の騒音が気になる時もあります。入居する前に物件を下見しても騒音などは分からない場合がほとんどですが、どうしても気になるのなら管理人に相談する事をお勧めします。管理人が本人に直接忠告してくれるのでトラブルになる心配もありません。また、賃貸物件の設備が故障してしまった時にも管理人に連絡すると対応してくれます。劣化した設備の故障などは無償で取り替えてくれますが、ガラスを破損してしまったり、自身による過失で壊してしまった場合は料金を支払う必要があります。トラブルを防ぐためにも入居時に契約書をしっかり確認しておく事が必要です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 賃貸でよく起こるトラブル All rights reserved